アトピー性皮膚炎

アトピー「アトピー性皮膚炎」はなんで起こるの?どういう人がなる?

 

アトピーっていうのは、「アトピー性皮膚炎」のことで、皮膚が赤くなったりただれたりブツブツができたりなどの炎症や痒みを伴います。

日本ではアトピー性皮膚炎のことを簡略してアトピーと呼んだりしますね。

 

アトピー性皮膚炎の判断の基準としては、
「痒みがある湿疹が出る」「湿疹の状態がよくなったり悪くなったりを繰り返す」「「アトピー素因を持っている」などがあります。

 

アトピー素因っていうのはアレルギーを起こしやすい体質の人が家族にいたり、アレルギーが自分自身にある、たとえば、家族や自分自身がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、ぜんそくなどがある場合で、それらをアトピー素因というんですね。
また花粉症や食物アレルギーなんかもアトピー素因をもっているということになります。
アレルギー反応は体内に入った異物に対して反応し、抗体(IgE抗体)を作って体内から除こうとする体の中の作用なんですが、この免疫が異常に強く起きてしまうことです。

 

それから、アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質なのも「アトピー素因」になります。

 

でも、このアトピー素因を持っていてもアトピー性皮膚炎にならない人も中にはいるそうです。

 

アトピー性皮膚炎の、これといった原因はいまだに解明されていませんが、遺伝によるアレルギー体質に生活環境などが強く関係していると考えられています。
アレルギー症状がきっかけで発病したり、症状が悪化したりします。

ただし、アレルギーに関係しているものとアレルギー以外のものがあるとも言われています。

 

アトピー性皮膚炎の特徴

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギーを起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が低下している人が多く見られます。
皮膚のバリア機能はもともとの体質もありますが、いろいろな原因で低下したりします。
皮膚は、皮脂膜や角質細胞などがバリアの役割をしていて、皮膚の乾燥や外からの物質の侵入から守っているんですね。それをバリア機能といいます。
でも、ひっかいたり、こすったり、かきむしったりなど物理的な刺激や、石鹸、化粧品、紫外線などによってバリア機能は低下してしまいます。
皮膚のバリア機能が低下していると外からの異物が皮膚の中まで入りこみやすい状態になります。
本来、炎症は外から侵入してきた細菌やウィルスと戦って退治する免疫反応によって起こるものですが、アトピー性皮膚炎の炎症は、この免疫が本来退治する必要のないものに対しても過剰に反応して起きてしまいます。
この過剰反応は、皮膚のバリア機能の低下やアレルギー体質の人の他にも、長い期間皮膚に強い刺激があったり、ストレス、疲れなども原因になります。

 

このように、アトピー性皮膚炎は原因がはっきりとは解明されていませんが、皮膚のバリア機能が低下した状態に、ダニやほこり、花粉や食べ物などのアレルゲンが侵入したり、ストレスなど環境的な理由が要因になっていることが多くあります。

 

【出典元:http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/】

 

アトピー性皮膚炎の特徴のひとつが「猛烈な痒み」です。
アトピー性皮膚炎の痒さは特別だというくらいの痒みが襲います。

 

もうひとつの特徴は「皮疹」です。
皮疹とはアトピー性皮膚炎により皮膚が病変したことを言います。
アトピーの皮疹は種類があり、

 

[かかなくてもできる皮疹]
[かきむしることでできてしまう皮疹]
[かきむしることによって感染要素が影響する皮疹]
があります。

 

アトピー性皮膚炎は症状のきっかけも程度もその人によって様々で、軽度なものから重度なものまであるので個人で判断をしないで専門家に診てもらうことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の原因として考えられることは

 

体質や皮膚バリア機能の低下に加えて、私達の生活の中でアトピー性皮膚炎の原因を作ってしまっている可能性があります。

例えば生活環境です。アトピー性皮膚炎はアレルギーを持っている人はアレルギーとなる原因が誘発して症状が出る又は悪化することが多くあります。
そこで、ダニやハウスダスト、カビなどは要注意です。
症状に悩まされている人も、部屋を綺麗にしてアレルゲンを減らしましょう。
特にじゅうたんやクッション、人形などダニが棲みつきやすいものはなるべく減らすと良いです。
また、食べこぼしや埃もアレルギーの原因になるので掃除をこまめにするなども必要です。
そして動物の毛もアレルゲンのひとつなので気をつけましょう。

 

ほかにも、普段使っているシャンプーやリンス、石鹸や洗剤、化粧品が刺激になっていることもあります。
症状に悩んでいる人は一度全て見直してみると原因が見つかるかもしれません。
また、寝不足や不規則な生活、疲れから症状が出たり悪化することもあります。
そして、知らない間に食事でアレルゲンを摂取している場合もあるので気をつけましょう。
特に子供のアトピー悪化の主な原因は食事やダニなど生活環境が影響すると言われています。

 

普段の生活を変えることは難しいと思いますが、原因は日常生活に潜んでいることが多く、アトピーの症状が出てしまってからでも生活環境を改善すると症状が治まったり軽くなったりします。